HOME>クロセチンとは?>眼精疲労

クロセチン

眼精疲労

こんな症状のあなたは眼精疲労かも!? 目が疲れる、かすむ よく肩がこる 目がしょぼしょぼする めまいや頭痛がする

1.最近目が疲れる

夕刊が読みづらい、テレビを見るのも億劫

現代人には疲れている人が多いようで、特に多いのが目の疲れです。
厚労省が行った調査では、身体的な疲労を感じている労働者のうち、9割以上の人が疲れている部位を「目」と回答しています。日本全土に広がり続ける眼精疲労、悲しいことに日本人にとって最も身近な悩みの一つかもしれません。

2.眼精疲労は放っておけない

様々な悩みのタネ、放っておけない眼精疲労

眼精疲労は目の症状に限らず、肩こりや頭痛などを伴うこともあります。眼精疲労は目の疲れが解消されないまま徐々に蓄積され慢性化したもので、その症状は目に現れるだけでなく、肩や首すじの凝り、頭痛、不眠、視力の低下などに現れることがあります。放っておくと更に重症化し、めまいや吐き気を伴うこともあります。

眼精疲労について正しい知識を身につけ、クロセチンが眼精疲労にどのように効果があるのか、理研ビタミンの研究と一緒に見ていきましょう!!

3.クロセチンは眼精疲労の原因に直接働きかける

眼精疲労が起こる本当の原因、眼の筋肉“毛様体筋”

眼の構造図

目に多くの負担がかかるのは、今や仕事や普段の生活に欠かせなくなったパソコンやスマートフォンなど、近くのモノを見ている時です。

普段、人の目は“毛様体筋”という目の筋肉がレンズ(水晶体)の厚さを調節することでピントを合わせていて、近くを見る時はこの“毛様体筋”が収縮(緊張)します。ですから、長時間近くを見続けると、筋肉の緊張で疲労が蓄積し、毛様体筋の血流も悪くなり、様々な症状を引き起こすのです。これが眼精疲労の主な原因です。

クロセチンが“毛様体筋”の緊張を緩和

理研ビタミンでは、毛様体の緊張状態を評価することで、クロセチンの摂取が目の疲れを改善するのか実験しました。

クロセチンによる眼精疲労緩和効果の比較試験 イメージ図

被験者

目の疲れを自覚し、医師の診察により眼精疲労であると判断された25歳以上40歳以下の男女13名

試験食

クロセチン7.5rを含むカプセルおよびプラセボカプセル※1

※1 クロセチンの入っていない試験食のこと。被験者がどちらのカプセルを摂取しているか区別がつかないように、そっくりな見た目になるように作られています。

試験方法

被験者を無作為に2つのグループに分け、それぞれの試験食を4週間ずつ毎日朝食後に摂取してもらいました。試験食の摂取期間の前後にVDT作業※2を実施し、眼精疲労の検査を行いました。眼精疲労は、調節機能解析装置を用いてHFC値※3を測定することで評価しました。HFC値の測定は、VDT作業の前後、および安静休息後に行いました。

※2 パソコン等の画面を見ながら行う作業。本試験では画面上にランダムに表示される文字の中から特定の文字を探索するゲームを行いました。

※3 毛様体筋の緊張状態を示す数値。目の疲労度の指標となります。

優位眼(利き目)における安静休息前後のHFC値変化量のグラフ

試験結果

クロセチンを摂取することにより、毛様体筋の緊張緩和が促進され、眼の疲労回復が促進されました。また、自覚症状に関するアンケート調査では、眠りの質の体感が改善されました。

クロセチン摂取前後の自覚症状に関するアンケート結果のグラフ

クロセチンは、眼の血流を改善することが報告されており、毛様体筋への栄養供給や老廃物の除去が促進されることにより、毛様体筋の緊張が緩和されていると考えられます。また、睡眠は疲労回復には重要な要素であり、睡眠の質の改善が眼精疲労の改善に寄与する可能性が示唆されます。

(出典:視覚の科学, 2007, 28, 77-84)

クロセチンには、眼精疲労の原因となる、眼の筋肉“毛様体筋”の緊張を緩和し、目の疲労回復を促進する効果を発揮することが分かりましたね!!

目の健康 いつまでもクリアな視界でいたい 目の健康を保ちたい 睡眠障害 ぐっすりと眠れない 寝ても疲れが残っている
シミ・くすみ シミ・くすみを減らしたい きれいなお肌になりたい 紫外線対策 強い日差しが気になる すぐに肌が赤くなる

その他の健康成分も知ろう!

  • 免疫力を高めるネバネバ成分 メカブフコイダン
  • 海藻由来の“ダイエット”成分 海藻ポリフェノール
  • わかめ由来の降圧ペプチド わかめペプチド
  • 「みかん」や「パプリカ」に含まれるスーパーカロテノイド β-クリプトキサンチン

その黄色はカラダにやさしいクロセチン

  • クロセチンとは?
  • 眼精疲労
  • 目の健康
  • 睡眠障害
  • シミ・くすみ
  • 紫外線炎症