リケンの仕事 - 業務用営業 原料から最終商品まで幅広く提案し、消費者に届ける

Y.K 業務用食品東京営業部 営業第3チーム

PROFILE
2010年03月
獣医畜産学部 動物資源科学科 卒業
2010年04月
家庭用食品営業本部配属
2010年10月
家庭用食品広域量販部 営業第1チームに異動
(広域ユーザー担当・補佐)
2011年04月
家庭用食品東京営業部 営業第3チームに異動
(茨城県、栃木県担当)
2014年04月
家庭用食品東京営業部 営業第1チームに異動
(静岡県担当)
2015年04月
業務用食品東京営業部 営業第3チームに異動
(キャッシュアンドキャリー、ネット販売担当)
※キャッシュアンドキャリー:現金取引で商品を取り扱う卸売業者の形態
  • 現在の仕事について

    現在は業務用食品営業として、家庭用からのノウハウを活かしキャッシュアンドキャリー・ネット販売向けのワークと、家庭用商品を主体とした流通を活用したお客さまをフォローしています。お客さまとしては産業給食(大学食堂や事業所食堂など)や外食系(居酒屋やアトラクション施設など)が多く、原料の海藻類や調味料のみならず、食品用改良剤や静菌剤などもお客さまによっては提案しています。例をあげると事業所給食向けに産地こだわりフェアの提案、某人気アトラクション施設に子供向けアレルギー対応商品の提案、居酒屋向けにつまみになるメニュー提案等をしています。

  • 入社して良かったこと

    部署ごとに一致団結して仕事に取り組んでいるので、やる気を維持させる雰囲気があることが純粋に良かったです。また理研ビタミンという会社はエキス等の原料からドレッシング等の最終商品まで幅広い分野で商品を持っており、それが社会からみても強みになっていることに入社後気づきました。そんななかで営業活動によりこちらの提案内容に対して導入にまで至ることにやりがいを感じます。実際提案した内容は簡単には決まらないのですが、さまざまな武器(データ、価格、日々のワーク)を駆使し努力した結果採用になることで、自らのモチベーションを保ち高いパフォーマンスができると思います。

  • 仕事を通して成長したこと

    今までさまざまなお客さまにいろいろな提案をしてきたなかで、他のお客さまに提案した内容が活きることがあり、あるお客さまでは不採用でも違うお客さまでは採用になることがあります。つまり、ダメだった要因を考えて他の営業などにも情報をとることで、「こんな活用があります」「こんなメリットがあります」といった提案ができるようになります。若手の頃にはよくあることですが、先輩社員や上司の商談から提案の仕方や謳い文句を真似することが良いと思います。先輩の社員によってもやり方が違うので自分が良いなと思ったやり方を抜粋して吸収してきました。

  • 今後の目標

    家庭用食品営業でのノウハウはあるものの、純粋な業務用としてのお客さまを担当したことがない、もしくは経験が少ないので早くその差を埋めたいと思います。また地方に出たことがないので、今後会社全体が見渡せる人材になるべくさまざまな経験をしていきたいと思っています。目標はありますが今現在の積み重ねが結果に結びつくので、今課されている業務を全うして自分を磨いていきたいと思います。

ONE DAY SCHEDULE
  • 8:30 出社、事務処理(メール確認、商談資料準備)
  • 10:00 外出(営業車にて移動)
  • 11:00 商談(問屋・お客さま)
  • 12:00 昼休み(外食)
  • 13:30 商談(お客さま)
  • 15:00 帰社(宿題回答、サンプル手配、試食作り)
  • 16:00 外出(営業車にて移動)
  • 17:00 問屋勉強会
  • 18:00 片づけ、帰宅(直帰)
page top