リケンの仕事 - 品質管理 緊張感とともに、多角的な視点で最終検査を行う

S.I 品質保証部 草加工場担当品質管理課 検査係

PROFILE
2014年03月
理工学部 応用化学科 卒業
2014年04月
品質保証本部 品質保証部 草加工場担当品質管理課 検査係配属
(原料検査を担当)
2016年10月
同部署内で担当変更
(最終製品検査を担当)
  • 現在の仕事について

    草加工場の品質管理課は、原料や製品の品質検査を行う検査係と、原料や製品の安全性審査、お客さまへの製品情報の提供、お客さま対応などを行う品質管理係の2つの係に分かれています。私は現在、検査係で最終製品の包装状態や印字内容の確認を行う仕事をしています。決められた規格を基に合否の判定を実施していますが、ときに経験や情報から積み上げた判断が求められることもあり、お客さまや消費者の手に渡る前の最終検査であるため、日々緊張感を持って検査を行っています。

  • 入社して良かったこと

    草加工場の品質管理課内には現在、短時間勤務者が3名、育休・産休を取っている方が3名います。そのなかでもフォローし合い働ける環境は、課内の明るい雰囲気にもつながっていると感じます。女性の目線からにはなりますが、入社して良かった点であると感じます。仕事のやりがいは、入社年数の若い内からいろいろな経験ができることだと思います。私は入社2年目のときに原料メーカーの監査に同行させてもらいました。実際の現場を見ることで、製品に使われている原料がどのような環境で作られているのかが実感でき、検査に対する理解が深まったと感じます。

  • 仕事を通して成長したこと

    製品ラベルの印字内容の検査をしていた際、印字間違いを見逃したことがありました。その後の先輩社員の検査で確認されましたが、この修正を行うために多くの部署の方に迷惑をかけてしまい、「自分がこの検査をこれからもしていいのだろうか」と落ち込みました。しかし上司やチームの方が、「今後どうしたらよいか」と前向きに話をしてくれたため、「今回のことを忘れずに今後も仕事に取り組んでいこう」と乗り越えることができました。この件を通して、問題が発生した際に順を追って解決する流れを知り、知識として得ることができました。

  • 今後の目標

    今後は品質管理課として行っている、監査に関係する仕事や工場管理の仕事(ISO、FSSCといったマネジメントシステム)を中心的に任せてもらえるような人材になれるよう、日々の業務に取り組んでいきたいと思います。実務面では、私が検査を担当したことのない分析業務や細菌検査業務を学びたいです。物事に対して品質管理課としての目線、そして工場としての目線と、多方面から考えられるような人材になることを目指しています。そのために、情報を収集し整理する能力を高めていきたいです。

ONE DAY SCHEDULE
  • 8:00 出社、メールチェック、検査準備
  • 9:00 品質管理課ミーティング
  • 9:15 検査(草加工場製造分)
  • 12:00 昼休み
  • 13:00 検査(包装委託先製造分)
  • 16:00 書類作成
  • 18:00 退社
page top