リケンの仕事 - 業務用食品営業 ユーザーのニーズを捉えた提案で、商品をアピールしていく

T.C 業務用食品東京営業部 営業第3チーム

PROFILE
2017年03月
経済学部 経済学科 卒業
2017年04月
業務用食品営業本部 配属
2017年07月
業務用食品東京営業部 営業第1チームに異動
2018年04月
業務用食品東京営業部 営業第3チームに異動
(静岡県を担当)
  • 現在の仕事について

    私は現在、静岡県の業務用食品問屋の営業を担当しています。主な仕事内容としては、問屋を通じた、給食関係(学校給食、社員食堂などの産業給食、病院)や外食(居酒屋、レストラン、レジャー施設など)ユーザーへの商品提案となります。この仕事は、ご当地フェアメニューや減塩レシピといった、ユーザーのニーズを捉えた提案が求められるので事前の情報収集を大切にしています。また、問屋のセールス様と協力して提案することが多いので、自社商品の勉強会や販促企画を打ち出すなど、関係構築が非常に大切になります。

  • 入社して良かったこと

    世代を超えて部署内外の交流が活発な点です。日々のコミュニケーションの中で営業活動に役立つヒントを得られるため、非常にありがたいと感じております。また、業務用食品営業部門では若手であっても現場担当者としての意見を大切にするので、責任感を持って仕事ができる環境です。その反面、すぐに結果に結び付かなかったり、つらいこともありますが、提案した商品が実際にメニューなどで採用されたときには大きな達成感を感じることができ、やりがいにつながっています。

  • 仕事を通して成長したこと

    「自分で考えて行動する」ということは簡単ですが、実は非常に難しいことです。入社してまだ間もない頃、私は周囲の意見をただ受け入れ、当事者意識が低いまま仕事をしていました。そんな中、とある案件で失敗をしたことがありました。その時、上司や先輩に担当者としての判断がなかった点を指摘されたことが、仕事に取り組む姿勢を変える転機になりました。今では、一つひとつの案件に対して、自分がどのような考えを持って判断を下すのかを常に意識して仕事に取り組んでいます。

  • 今後の目標

    業務用食品営業では、問屋の担当変更から10年以上経っても、昔の担当者の名前が会話に出てくることがあります。私もそのようなお客様の記憶に残る魅力的な担当営業になることが目標です。今は1つのエリアしか担当しておりませんが、今後は地方に出て経験を積みたいと考えています。そこで結果を残し、いつかは規模の大きな首都圏を任される人材になりたいです。目標を達成するためにも、現在の業務に慢心せず取り組んでいきたいと考えています。

ONE DAY SCHEDULE
  • 8:30 出社、メールチェック
  • 9:00 事務処理(見積・資料作成等)
  • 10:00 移動
  • 11:00 問屋商談(販促企画打合せ等)
  • 12:00 昼食
  • 13:30 ユーザー商談(問屋セールス様同行)
  • 15:00 試食準備
  • 16:00 問屋勉強会
  • 17:30 帰社
  • 18:00 事務処理(宿題回答・日報作成等)、退社
page top