ブランドストーリー「ふえるわかめちゃん®」編

原点

ふえるわかめちゃん®

1976年(昭和51年)9月、家庭用食品「ふえるわかめちゃん®」を発売しました。業務用食品「花ざいく」と並び今でもヒット商品です。

「わかめ」事業の経緯

「生わかめ わかめちゃん」の誕生

理研ビタミンは、海から採りたてのわかめ特有の磯の香りを残した製品の研究を重ね、「生わかめ」の製造法を開発し、1965年(昭和40年)に「生わかめ わかめちゃん」を発売しました。

この「生わかめ わかめちゃん」の発売は、わかめの新しい需要を喚起しましたが、その後の食生活の洋風化等から嗜好の変化が起こり、磯の香りやぬるっとした滑らかな舌触りよりも、歯ごたえのしゃきっとした緑色の鮮やかな湯通し塩蔵わかめが好まれるようになりました。

さらに市場から、より保存性の良いもの、簡便なものが求められ、集中的に研究開発を行い、干しわかめ2000年の歴史を破った画期的な製品、カール状乾燥わかめを開発しました。

「ふえるわかめちゃん®」へ

「ふえるわかめちゃん®」は、家庭用の乾燥わかめフレークとして、1976年(昭和51年)に発売されました。
以来、お味噌汁をはじめラーメンやスープ、サラダの具材、お酒のおつまみ等として、幅広くご愛用いただいております。

当時の乾燥わかめ開発は、1969年(昭和44年)伊藤忠商事(株)を通じてきたクノール食品(株)からの即席みそ汁のわかめフレークの受注から始まります。

家庭用「ふえるわかめちゃん®」へ

ふえるわかめちゃん®

この商品開発が後の当社商標の業務用「花ざいく」及び家庭用「ふえるわかめちゃん®」への乾燥わかめの発展へと展開することとなるのです。

わかめ事業は理研ビタミンの柱であると同時に、いろいろな意味で理研ビタミン社内外へ数多くの影響を及ぼしました。家庭用食品業界参入を決意したのもわかめ製品であり、業務用食品部門を立ち直らせたのもわかめ事業です。

わかめ事業は理研ビタミンの多角化路線としてモノグリセライド事業、スープ調味料事業に続く第3の事業に位置づけられます。

  • 「ふえるわかめちゃん®」「ふえるわかめ」は理研ビタミン(株)の登録商標です。

素材の追求

「ふえるわかめちゃん®」は、厳選された素材選びを製品づくりに生かしています。

例えば「三陸産」の場合、大船渡港周辺の海域は、親潮(寒流)と黒潮(暖流)が交わり、わかめの成長に欠かせないきれいな海は栄養塩を豊富に含んでいます。また三陸海岸特有の起伏に富んだリアス式海岸の荒波が、わかめをたくましく美味しく育てます。

家庭用食品「ふえるわかめちゃん®」の源は業務用食品「花ざいく」になります。どちらも乾燥わかめフレーク事業の企画委員会から開発されたもので、原料にあたる「わかめ」は理研ビタミンの大黒柱です。

業務用食品ふえるわかめ「花ざいく」の展開

花ざいく

1975年(昭和50年)9月、営業部門内に業務用フレークわかめの販売を促進するため、わかめフレーク営業プロジェクトを設置し、直ちに東京地区及び仙台地区で飲料食店を中心に試験販売を実施しました。その試験販売が好評だったため、本格的に業務用の販売を開始しました。商品名は理研ビタミン社内で募集し、ふえるわかめ「花ざいく」と命名され、商品コンセプトは「2分間で約10倍以上にふえるわかめ」でした。

「ふえるわかめ®」の特長

  • 約10倍以上にふえる
  • 手間がかからない
  • 無駄がなく清潔で経済的
  • あざやかな緑色で品質は抜群
  • 長期保存しても品質が安定している
  • 広範囲に応用ができメニューが手軽にふえる

用途は、みそ汁・酢のもの・わかめラーメン・わかめそば・わかめうどん・わかめスープなど幅広く利用できます。

この業務用食品「花ざいく」の市販化計画として、家庭用食品「ふえるわかめちゃん®」が開発されました。

  • 「ふえるわかめちゃん®」「ふえるわかめ」は理研ビタミン(株)の登録商標です。

技術者のこだわり

1976年(昭和51年)9月、家庭用食品「ふえるわかめちゃん®」を発売しました。「ふえるわかめちゃん®」はカール状乾燥わかめと呼ばれ、厳選された原料を使用し、葉の戻り時間を速く、葉の大きさのバラツキを少なくすることにこだわりました。その結果、質感のある歯ざわりや調理したときの美しさを演出することができました。発売までには企画委員会の担当者が精力的に活動し、とくに包装デザインについては当社の従来の感覚とは異なったものを選びました。

販売促進政策

販売促進政策も積極的に展開し、TVによるコマーシャル宣伝、マネキン販売、サンプリング等、先行投資2億円をかけて行いました。

  1. 1TVによるコマーシャル宣伝
  2. 2マネキン販売
  3. 3サンプリング

ネーミング

「ふえるわかめ®」という商品名にしたのは、企画委員会の調査です。

業務用食品の「花ざいく」という商品名は、家庭用商品の商品名には不向きであることが調査により分かったためです。

また、「ふえるわかめちゃん®」の認知率は、当初なかなか高まらず、業務用商品の「花ざいく」とは様相を異にしました。

この体験で家庭用商品の難しさを実感させられたのでした。

営業部門は、「ふえるわかめちゃん®」の販売促進政策は、もっと地道にやるべきだと考え、団地などを中心としたサンプリングに今後は力を入れることになります。

  • 「ふえるわかめちゃん®」「ふえるわかめ」は理研ビタミン(株)の登録商標です。

高評

「ふえるわかめちゃん®」は、「調理の手間が省ける、便利」、「衛生的」、「品質が一定している」、「調理の汎用性が高い」、「品質が安定している」、「長期保存が可能」といった優れた特長をもち、幅広い消費者の皆様にご愛用いただいております。

  • 「ふえるわかめちゃん®」「ふえるわかめ」は理研ビタミン(株)の登録商標です。

未来

現在、「ふえるわかめちゃん®シリーズ」は、「ふえるわかめちゃん®三陸」、「ふえるわかめちゃん®国内」、「ふえるわかめちゃん®瀬戸内」、「ふえるわかめちゃん®鳴門」、「ふえるわかめちゃん®北海道」、「ふえるわかめちゃん®韓国」など、産地や容量別に用途に応じた様ざまなバリエーションで構成されています。

最近の健康志向の高まりから、ヘルシーなわかめは話題に上ることが多い食材となっています。

そんな健康に良いわかめを手軽に便利においしく食べられる「ふえるわかめちゃん®」が、これからも皆様の食卓のおともとして愛され続ける商品でありたいと願っております。

「ふえるわかめちゃん®」シリーズの主な製品群

ふえるわかめちゃん® 三陸

ふえるわかめちゃん® 三陸

三陸の良質な原料を使用した歯ごたえの良いわかめです。

ふえるわかめちゃん® 国内

ふえるわかめちゃん® 国内

国内の良質な原料を使用した食感の良いわかめです。

ふえるわかめちゃん® 瀬戸内

ふえるわかめちゃん® 瀬戸内

瀬戸内の良質な原料を使用した食感の良いわかめです。

  • 大阪支店、広島支店管内限定商品

ふえるわかめちゃん® 鳴門

ふえるわかめちゃん® 鳴門

滑らかな舌触りが特長の鳴門産のわかめです。

ふえるわかめちゃん® 北海道

ふえるわかめちゃん® 北海道

北海道道南の海峡特有の潮流で育てられたわかめです。

  • 札幌支店管内限定商品

ふえるわかめちゃん® 韓国

ふえるわかめちゃん® 韓国

韓国産の良質な原料を使用しています。韓国国内で原藻の収穫から乾燥まで行い、日本国内で包装しています。

  • 「ふえるわかめちゃん®」「ふえるわかめ」は理研ビタミン(株)の登録商標です。

関連情報