お客さまの声をいかしました

お客さまからお寄せいただいた貴重なご意見・ご提案を、商品の開発・改良にいかした事例をご紹介します。

リケンのノンオイルセレクティ®シリーズの容器を、ビンからペットボトルに変更しました。

お客さまの声

ガラスビンだと重くて大変です。また、割れてしまわないか心配です。

このように改良しました!

図:リケンのノンオイルセレクティ®シリーズの容器を、ビンからペットボトルに変更しました。

軽くなって持ち帰りやすく、落としても割れにくい、ペットボトル容器を採用しました。また、コンパクトになったので冷蔵庫でも保管しやすくなりました。
さらに手の小さな方でもやさしくフィットするようなくびれを2つつけ、容器を持ちやすくしました。

リケンのノンオイルセレクティ®シリーズに新キャップを導入しました。

お客さまの声

ドレッシングの中栓が硬かったり、液だれがしたり…。キャップの使い勝手が悪いです。

このように改良しました!

図:リケンのノンオイルセレクティ®シリーズに新キャップを導入しました。
  • 楽チンキャップ導入
    キャップをまわすと注ぎ口が一緒に開くようになりました。
  • 滑り止めと音鳴り機構
    キャップの外側に、つかみやすいように斜めの滑り止めを5本入れました。また、開けた時、閉まった時に「カチッ!」と音が鳴る機構も導入しました。
  • 分別を簡単に
    リサイクルの際分別しやすいように、中栓全体を取り外しやすくしました。
  • 液だれしにくく
    注ぎ口を高くして、口の外側に溢れにくくしました。

リケンのノンオイルセレクティ®シリーズで、大容量品を発売しました。

お客さまの声

おいしいので、もっと大きいタイプが欲しいです。

このように改良しました!

図:リケンのノンオイルセレクティ®シリーズで、大容量品を発売しました。

お客様からのご要望が特に多い2商品(リケンのノンオイルセレクティ®香ばしい胡麻、リケンのノンオイルセレクティ®あめ色玉ねぎ)について、大容量品(350ml)を発売しました。

ドレッシング類の開封後の保存方法を読みやすくしました。

お客さまの声

「開栓後要冷蔵」が青色背景に白色文字で、とても読みにくいです。

このように改良しました!

図:キャップの色を白色からオレンジ色へ変更し、中栓との境い目がわかりやすいようにしました。

背景と文字の色を変更し、読みやすいデザインにしました。

  • 2017年8月発売の商品より、順次切り替えをしていきます。

リケンのノンオイルシリーズ380mlペットボトルのキャップの色を変更しました。

お客さまの声

初めて開ける際に、キャップの開け方を間違えてしまいました。
どこから開けるのかわかりにくいです。

このように改良しました!

図:キャップの色を白色からオレンジ色へ変更し、中栓との境い目がわかりやすいようにしました。

キャップの色を白色からオレンジ色へ変更し、中栓との境い目がわかりやすいようにしました。

<使い始めの際の開封方法はこちら>
キャップのシュリンクフィルムを外し、オレンジ色のキャップを回して開け、リングの上側からプルリングに指先をかけて、赤い矢印の方向に引き上げます。

  • 下図の赤いマルの部分(プルリングの連結柱)とは逆の方向に引き上げます。
図:<使い始めの際の開封方法はこちら>

ドレッシング類で容器本体(ガラスビン)の材質を表記しました。

お客さまの声

ドレッシングの容器の材質がわからないので、廃棄の際に困ります。

このように改良しました!

図:リサイクルマークの横に、[ガラス]ビンと表記しました。

リサイクルマークの近くにガラスビンと表記しました。

ドレッシング類の中栓全体を外しやすいようにビン口にくぼみを入れました。

お客さまの声

分別する際に、中栓全体が本体のビンからなかなか外せません。
きっかけをつけて欲しいです。

このように改良しました!

図:中栓を外す必要がある場合に対応し、瓶口にくぼみを入れました。

ご使用後に中栓全体を外す必要がある場合に対応し、ビン口にくぼみを入れました。

  • 取り外しに際してガラスビンが破損する恐れがありますので、ハサミなどの鋭利な金属器具の使用はお避けください。
  • 無理に取ろうとすると危険です。廃棄に際しては分別せずにそのまま排出してよい場合もございます。お住まいの自治体の分別区分をご確認ください。

リケンのノンオイルシリーズ380mlペットボトルの中栓全体が分別しやすくなりました。

お客さまの声

廃棄の際に中栓全体が容器本体から外しにくいため、分別できません。

このように改良しました!

図:中栓が分別可能なタイプに変更しました。ご使用後にペットボトルから外し、分別できます。

ご使用後に中栓全体をペットボトルから外し、分別しやすいタイプに変更しました。

<ご使用後に分別する方法はこちら