ポリエチレンテレフタレート用防曇剤マスターバッチ

試作品 TAR-030-2

試作品 TAR-030-2は、弊社が開発しているポリエチレンテレフタレート用防曇剤マスターバッチの試作品です。
本品は、ポリエチレンテレフタレートに練り込むことで防曇効果を付与させることができます。

1.主な性質

  試作品 TAR-030-2
組成 ベースレジン

PETG(IV=0.75)

防曇剤濃度

15%

食品用器具・容器包装のポジティブリスト
(2020年4月28日厚生労働省告示)

使用量制限:樹脂区分7に対し40%以下

推奨添加量

20%

2.評価サンプルの作成

TAR-030-2の規定量をPET樹脂(IV=0.77)に加え、Tダイにて評価用フィルムを作成しました。

成形条件

  • 成形機:ラボプラストミル 3S150(株式会社東洋精機製作所製) 単軸φ=20mm、L/D=20
  • バレル温度:280℃
  • フィルム厚:50µm

3.評価方法

高温防曇

作成したPETフィルムを枠に貼り、40℃の恒温水槽上に設置して、PETフィルム表面の継時での曇りを観察しました。

低温防曇

作成したPETフィルムを枠に貼り、20℃の水槽上に設置した。水槽を5℃の冷蔵庫に入れ、PETフィルム表面の継時での曇りを観察しました。

評価基準

悪い

×
全面小水滴


全面曇り一部大水滴


一部曇り


曇りなし

良い

4.評価結果

高温防曇

試作品TAR-030-2は高温防曇性評価において、初期から効果を発揮します。

  透明性 防曇性
Hz(%) 5分 10分 30分 60分
ブランク 2.1

×

×

×

×

試作品
TAR-030-2
20%
11.8

○+

△-

低温防曇

試作品TAR-030-2は低温防曇性評価において、初期から効果を発揮します。

  透明性 防曇性
Hz(%) 30分 60分 120分 180分
ブランク 2.1

×

×

×

×

試作品
TAR-030-2
20%
11.8

○+

○+

○-

  • 本評価データは、弊社の評価基準により作成しましたので、成形される諸条件により性能が変わることもあります。ご了解ください。