上海にアプリケーションセンターを開設

2012年04月26日

理研ビタミン株式会社は、中国上海市で開設準備をしておりました、上海アプリケーションセンター(以下APセンター)が完成し、4月11日に開業式を執り行いましたことをお知らせいたします。

APセンターは、当社の食品用改良剤を用いて、主要な加工食品の試作が行える施設です。
お客様の商品の改善・改良、工程改善、コストリダクション、新商品の開発等に貢献し、加工食品分野の情報発信基地としての役割をもっています。
上海APセンターは、末端の市場と顧客に近いエリアに設置したことで、よりお客様のニーズに即したソリューションを提供できる体制となっております。

同センター内には、パン、ケーキ、和菓子、アイスクリーム、麺、加工用油脂、冷凍食品等の製造・実験設備が揃い、長年培ったノウハウを活かしてお客様の要望に応えてまいります。

<新施設の概要>

  • 社名:理研維他精化食品工業(上海)有限公司
  • 所在地:上海市閔行区合川路3051号 菜茵・虹橋中心B棟105~109
  • 業務内容:食品用改良剤を用いた商品開発へのご提案、お客様の抱える課題の解決、お客様との共同試作など、トータル的な商品開発のサポート
  • 床面積:APセンターエリア 390m2、営業事務所エリア 268m2
  • 総経理:楊 強
  • APセンター長:韓 東
  • 従業員数:22名