$年度$ $年度$

ISO26000対照表

ISO26000 中核課題:理研ビタミングループ CSR基本方針
課題 掲載箇所

組織統治

:理研ビタミングループが事業を展開する全ての国・地域において法令を遵守し、ステークホルダーに与える影響を考慮しながら事業活動を行います。
また、迅速な意思決定を行うことのできる組織体制のもとで情報を適切に開示し、透明性の高い経営を行います。

  1. 課題1:組織統治
サステナビリティ>トップメッセージ
サステナビリティ>基本的な考え方
サステナビリティ>サステナビリティ推進体制
サステナビリティ>コーポレート・ガバナンス

人権

:多種多様な能力・価値観・発想を持った個性を認め合い、ステークホルダーの人権を尊重した事業活動に努めます。

  1. 課題1:デューディリジェンス
  2. 課題2:人権に関する危機的状況
  3. 課題3:加担の回避
  4. 課題4:苦情解決
  5. 課題5:差別及び社会的弱者
  6. 課題6:市民的及び政治的権利
  7. 課題7:経済的、社会的及び文化的権利
  8. 課題8:労働における基本的原則及び権利
サステナビリティ>人権の尊重

労働慣行

:従業員が安心して働くことのできるより良い職場環境を整えます。
また、円滑なコミュニケーションのもとで能力を発揮し、やりがいを持って働くことのできる、自由闊達な風土づくりを進めます。

  1. 課題1:雇用及び雇用関係
  2. 課題2:労働条件及び社会的保護
  3. 課題3:社会対話
  4. 課題4:労働における安全衛生
  5. 課題5:職場における人材育成及び訓練
サステナビリティ>ダイバーシティ&インクルージョン
サステナビリティ>ワークライフバランス

環境

:理研ビタミングループは、天然原料の有効活用を事業活動の中心に据えています。
地球環境の尊さに感謝し、社会や自然との調和をはかります。

  1. 課題1:汚染の予防
  2. 課題2:持続可能な資源の利用
  3. 課題3:気候変動の緩和及び気候変動への適応
  4. 課題4:環境保護、生物多様性、及び自然生息地の回復
サステナビリティ>環境マネジメント推進
サステナビリティ>TCFD提言に基づく情報開示
サステナビリティ>気候変動の緩和と適応
サステナビリティ>サステナブルな資源利用
サステナビリティ>生物多様性の保全

公正な事業慣行

:コンプライアンス精神に基づき、公正で誠実な取引を行います。
また、取引先との信頼関係を大切にし、互いの権利を尊重します。

  1. 課題1:汚職防止
  2. 課題2:責任ある政治的関与
  3. 課題3:公正な競争
  4. 課題4:バリューチェーンにおける社会的責任の推進
  5. 課題5:財産権の尊重
サステナビリティ>コーポレート・ガバナンス
サステナビリティ>コンプライアンス
サステナビリティ>リスクマネジメント>知的財産権の保護
サステナビリティ>サプライチェーンマネジメント

消費者課題

:独自性のある原料・技術を活かし、安心安全かつお客さまの満足度を高める商品・サービスを提供します。

  1. 課題1:公正なマーケティング、事実に即した偏りない情報、及び公正な契約慣行
  2. 課題2:消費者の安全衛生の保護
  3. 課題3:持続可能な消費
  4. 課題4:消費者に対するサービス、支援、並びに苦情及び紛争の解決
  5. 課題5:消費者データ保護及びプライバシー
  6. 課題6:必要不可欠なサービスへのアクセス
  7. 課題7:教育及び意識向上
サステナビリティ>お客さまへの責任
サステナビリティ>リスクマネジメント>情報セキュリティの推進
サステナビリティ>お客さまへの責任>サステナブルな製品の開発

コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

:事業資産や知見を活かして地域貢献度を高め、コミュニティと一体となった発展に努めます。

  1. 課題1:コミュニティへの参画
  2. 課題2:教育及び文化
  3. 課題3:雇用創出及び技術開発
  4. 課題4:技術の開発及び技術へのアクセス
  5. 課題5:富及び所得の創出
  6. 課題6:健康
  7. 課題7:社会的投資
サステナビリティ>地域社会への貢献
サステナビリティ>サプライチェーンマネジメント>わかめ養殖の安定化へ
サステナビリティ>サプライチェーンマネジメント>海藻産業の活性化へ