地球温暖化防止

理研ビタミンでは、企業活動による環境への負荷を考慮し、生産性の向上を図るとともに、エネルギーの効率的な利用を推進しています。
国内工場では、「製造方法の変更による設備稼働時間の短縮」、「放熱抑制によるエネルギーロス削減」といった省エネルギー活動のほか、「タンク冷却水の循環化による水使用量削減」といった環境負荷低減の取り組みを行っています。また、各職場での「ECOパトロール」や「ECOステッカー」配布による活動の周知・PRや、使用エネルギーの「見える化」にも取り組んでいます。
オフィス部門においても、会議・資料のペーパーレス化や営業車の見直しを進めています。

  • 集計範囲:国内5工場+オフィス部門
  • 原単位分母:販売数量千トン
  • CO2排出係数:電気事業者別排出係数による

ECO事業所表彰制度

ECO表彰受賞工場での授与式

理研ビタミンの国内工場では、“環境への配慮は企業が社会と共存していくために必須である”との思いから、省エネルギー活動の対象を水や廃棄物、人材育成にも広げた「ECO(環境負荷低減)活動」に取り組んでいます。
2016年度からは、ECO活動の更なる活性化のために「ECO事業所表彰制度」をスタートさせました。事業所(国内工場)の推進責任者が一堂に会する定期会議にて、それぞれの取り組みをプレゼンし、相互採点にて表彰事業所を選出しています。

平成29年度 近畿電力利用合理化委員会「近畿経済産業局長表彰」を受賞しました(大阪工場)

表彰式の模様

大阪工場では、エネルギー管理システムを導入して各職場のエネルギー使用量の管理を「見える化」するほか、巡視活動で工場内のエア漏れを削減し、コンプレッサーの運用・制御を最適化するといった取り組み等を、工場長を中心に工場一丸となって進めてまいりました。それらの取り組みの結果、継続的なエネルギー原単位の削減につながっていることが評価され、平成29年度近畿電力利用合理化委員会「近畿経済産業局長表彰」を受賞いたしました。

環境省「ライトダウンキャンペーン」への参加

ライトダウンキャンペーンによる消灯(千葉工場)

理研ビタミンでは、環境省の「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加し、夏至と七夕の2日間、屋外・屋内照明の消灯や定時退社によるライトダウンに努めています。
2018年度は、関係会社を含めた国内の拠点が参加しています。

物流部門の取り組み

物流部門においては、船便やJRコンテナを利用したモーダルシフト、トラック輸送の積載効率の向上に継続的に取り組んでいます。
2017年度は具体的なCO2排出量削減策として、「共同配送」、「小口配送の改善」、「生産場所から地方営業倉庫への直送化」、「幹線輸送の積載効率99%以上」等に取り組みました。今後も物流品質の向上を目指すとともに、環境負荷低減への取り組みを進めます。

海外・関係会社での取り組み

石炭からの燃料転換により煙突を解体(中国)

海外の事業所においても、これまでに石炭から都市ガスへの燃料転換を行う等、CO2排出量の削減に努めています。