資源の有効活用

理研ビタミンでは、地球環境を大切にし、社会や自然との調和をはかりながら事業活動を行っています。
水資源や原材料の効率的な利用によって環境負荷を抑制し、廃棄物の3R(リデュース、リユース、リサイクル)を通して循環経済への移行を推進します。

水資源の有効利用

中水設備(草加工場)

理研ビタミンでは、従業員への啓発を通して水の3R(リデュース・リユース・リサイクル)による効率的な利用に取り組んでいるほか、水環境への負荷低減に取り組んでいます。
草加工場では、生産ラインからの排水の一部は殺菌・ろ過処理し、中水(雑用水)として屋上・屋根への散水に再利用し、水のカスケード(多段階)利用を行っています。

廃棄物の削減

廃棄物倉庫(理研食品)

理研ビタミンでは、廃棄物発生量の削減やリサイクルの推進に取り組んでいます。
廃棄物排出量の削減に向けては、製造工程の改善や汚泥含水率の低減に取り組んでいます。また、廃棄物の再資源化率向上のため、廃棄物分別の教育・啓発に取り組んでいるほか、廃棄物を適正に再資源化できる処理業者の選定と、廃棄物の分別処理の徹底を行っています。

廃棄物排出量の推移

※集計範囲:国内5工場+倉庫